《当店でつかえます!》武蔵村山市つながり応援カード 令和4年1月31日まで

寒い時期の換気について

だんだん肌寒くなってきました

コロナ感染症はだいぶ落ち着いてきた様子ですが
専門家いわく、

「第六波は必ずくる」

と断言にちかい警告を発しているので、
警戒はおこたらずにいようと思っています。

感染予防策はいろいろありますが
(生活衛生関係の営業に関して指導されている冊子がPDFであります興味のある方はこちら
その中でも効果が重要とされているのが

マスク換気

これはもう常識。
ですが
これからガンガン換気をしていくと
寒くてしょうがない季節になってきました。

寒がっているご老人

また来るかもしれない
感染拡大のためにも
予防策は徹底したいのでいろいろ調べてみると
次のような
厚生労働省の指針を見つけました。

冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気方法

https://www.mhlw.go.jp/content/000698868.pdf

居室の温度および相対湿度を18℃以上かつ40%以上に維持しようとすると、
窓を十分に開けられない場合は、窓からの換気と併せて、可搬式の空気清浄機併用すること

空気清浄機を併用する際の留意点
◆HEPAフィルターによるろ過式で、かつ、風量が毎分5㎥程度以上のものを使用すること
◆人の居場所から10㎡(6畳)程度の範囲内に空気清浄機を設置すること
◆空気のよどみを発生させないように、外気を取り入れる風向きと空気清浄機の風向きを一致させること

※冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気方法より抜粋

ということで
電気屋さんのスタッフさんに相談して
選択していただき
新しくこれにマッチする

空気清浄機を導入致しました。

空気清浄機の画像

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK55XN-Wです。

各施術スペース(約6畳)に各1個

空気清浄機がある施術スペースの画像
空気清浄機を設置した施術スペースの画像

室温をある程度暖かくしつつ
換気空気清浄機
快適な温度感染症対策
両立を目指していきます。

なび東京

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる