オキシトシン

手で形作ったハートマークの画像
目次

お客様との会話で気になったので調べてみた

ヒロズバーバー

最近は日課で朝散歩しているんですよ

お客様

それは良いことだね。
奥さんと一緒に歩けば、愛情ホルモンの「オキシトシン」がでるから、もっといいよ!

ヒロズバーバー

オキシトシン?

ということで
調べてみました

Googleで調べると
専門用語のオンパレードで
分からない用語をまた検索、、、
行った先でまた分からない用語の検索と
Googleのループにはまってしまったので

ここでは
出来るだけ簡単にわかりやすく書くことに専念します。

手で形作ったハートマークの画像

オキシトシンとは

幸福感をもたらすホルモン(脳内物質)の一種

「母性ホルモン」「幸せホルモン」「絆ホルモン」「愛情ホルモン」
などと、いろいろのな表現方法で言われている。

女性の出産や子育てに関係するホルモンと言われている。

「セロトニン」「ドーパミン」と並んで有名な「幸せホルモン」の1つ
中でも他者との関わり合いによって分泌されると言われている。

寝ている赤ちゃんの画像

オキシトシンの効果

いろいろな効果がうたわれていますが主なものとして

  • 幸福感を得る
  • 社会に関わりたいという感情、社交性が向上する
  • 脳や心が癒されて、ストレスが緩和する
  • 不安や恐怖が減少する
  • 感染予防につながる
  • 他者への信頼が増す
手を重ねている画像

ボランティア活動や動物や人とのスキンシップなどで感じる
「幸福感」はオキシトシンが分泌されているから感じるのでしょう
肥満薬への研究もされているようです

オキシトシンの増やし方

  • 犬、人とのスキンシップ(手をつなぐ、頭をなでる、キス、性行為など)
  • 親切な行動をした時(ボランティア活動、「ありがとう」という、「人をほめる」など)
  • 友達とつながる(カラオケ、一緒に食事、プレゼントを贈る、料理をふるまう、など)

マッサージなどもされるほうはもちろん、する側も「相手を癒したい」と思うことで増えるそうです。

マッサージされている女性の画像

まとめ

なんだか、いいこと尽くめの万能薬的な役割をもつオキシトシン。

人生を楽しく、幸せに生きていくためにも、

朝日にむかった手を広げているひとのシルエット画像

オキシトシンをいうワードを意識して
増やす方法を意識して行動していくと
幸せを感じ、
「いま、オキシトシンがでているから幸せをかんじているんだな」
とか
「人に親切にすると幸せをかんじる」
ということは科学的に証明されていますね。

「情けは人の為ならず」

という言葉が妙に腑に落ちました。

参考にしたサイト

ストレスを軽減⁉幸せホルモン「オキシトシン」の基礎知識

ココロとカラダカラダに幸せホルモンのご褒美を

うめしん

夢の肥満薬開発へ、「幸せホルモン」オキシトシンの大いなる可能性

【幸せホルモン」】ストレスを消し多幸感を与えてくれる“オキシトシン”を出す方法

「仕事とお金で幸せは得られない!」脳科学が教える人生の結論

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる